脱毛ラボ 天神コア

脱毛レーザーと絶縁針の関係

 

脱毛ラボ,天神コア,店舗,天神コア店,予約,場所,行き方,口コミ,評判

 

1997年に日本にもアレキサンドライトレーザーという脱毛器が導入されました。それ以来、たったの1〜2年の間に300台以上もこのアレキサンドライトレーザーが全国の脱毛クリニックで使用されるようになりました脱毛レーザーは医療機関の医者によって使用されなければなりません。しかし、その医者でさえもみんながみんな以前から永久脱毛を研究してきたわけではありませんでした。

 

医療用の脱毛レーザーは整形外科や美容外科、皮膚科などで使用されていますが、実はそれらの医師のほとんどは永久脱毛についてよく知りませんでした。しかし、永久脱毛についてよく知らないなら脱毛レーザーを使用できないというわけでもないですし、中にはちゃんと永久脱毛について研究や勉強をしている先生も多くいます。

 

その一方で、医師の中にも脱毛レーザーをただの商売道具として使っている医師がいることも事実です。一つ例を挙げると、女性誌などに全身のどの部位でもたったの3回で永久脱毛ができると謳って広告を出していることがあったりします。

 

まともな医者なら普通はどの部位でも永久脱毛がたった3回でできるなどと言う表現はしません。確かに3回で永久脱毛が済む部位もありますが、終わらない部位もあるので、全身のどの部位でも可能という
ことはありません。普通の毛量のワキなら、通常は5〜6回の施術は必要です。特に永久脱毛の効果を出しにくい部位は、メラニン色素の薄い産毛や髭、色素沈着を起こしたデリケートゾーン、だと言われています。

 

産毛や髭に最適なものには、ダイオードレーザーというものもあります。それから、色素沈着を起こしてしまっている部位は、日本医学脱毛協会加盟病院では絶縁針による電気脱毛を行うことになっています。それはなぜかというと、その方が迅速かつ確実に永久脱毛が可能だからです。

 

永久脱毛をしたい方が最も望まれることは、費用対効果の良い適切な脱毛法で施術してもらうことです。なので、医師は患者さんの状況に合った脱毛法を提案することが必要なのです。最新のレーザー脱毛が必ずしもよいとは限らないのです。

 

しかし、絶縁針による電気脱毛は医療レーザー脱毛よりも痛みは大きいので、痛みに関する希望も患者さんからヒアリングする必要はあると言えるでしょう。場合によっては、脱毛ラボのような脱毛サロンの光脱毛(フラッシュ脱毛)の方が効果は薄くても痛みが少ないので良いと考える患者さんもいるようです。

 
ホーム RSS購読 サイトマップ